赤ちゃんから大人まで家族みんなで食べたいイブシギンのしぜんだし

安全で美味しい食事をさせてあげたいという想いからできた「イブシギンのしぜんだし」。
自然素材の美味しさをギュッと詰め込んだおだしです。


STORY
鹿児島県指宿の鰹節屋4代目が娘のために作った
「イブシギンのしぜんだし」

娘が生まれて4か月になり、そろそろ離乳食を始めようというある日のことでした。

妻は娘に安全で安心できる離乳食を食べさせたいという想いから近所にある様々なお店を回り、化学調味料も添加物も一切使用せず、自然素材だけで作った使い勝手の良いだしを探していました。

しかし、どんなお店に行ってもそんな商品はどこにもありませんでした。

離乳食にとって使い勝手の良い顆粒のだしは「デキストリン」や「○○エキス」など子供に食べさせて問題ないのかわからない原材料が使用されており、だしパックは安心できるものだけが入っているものもありましたが、一度にたくさんのだしを取らなければならず、少量しか使わない離乳食には不向きでした。

そこで相談を受けた私は娘のために素材は自然素材の鰹節と昆布だけを使用しただしで、妻が使いやすいように量を調節してだしが作れ、料理に直接かけても違和感なく食べれて使い勝手の良い微粉末にした粉末だしを研究の末に完成させました。

イブシギンのこだわり
産地指定国産原料100%
自然素材のみ使用

イブシギン 自然だし 無添加だし 粉末だし 鹿児島県山川産鰹荒節

鰹節の三大産地で知られる鹿児島県指宿市山川。
全国で生産される鰹節の3割がこの指宿で生産され、また鰹節の中でも上質で知られる本枯節の7割をここ指宿で生産しています。
「イブシギンのしぜんだし」で使用される鰹節は、その指宿市山川で65年以上伝統的な製法で鰹節を作り続けている「地島商店」の風味が豊かでしっかりとした味わいの鰹荒節を使用しております。

鰹節のできるまで〜荒節編〜

イブシギン 自然だし 無添加だし 粉末だし 北海道道南産昆布

北海道の恵み豊かな海で育った道南産の昆布を使用しています。
道南産の昆布は、澄んだ甘みのあるクセのない上品な味わいの「だし」がとれる昆布です。
鰹荒節との相性の良い最適な昆布を選ぶため、さまざまな種類や配合で試行錯誤を重ね道南産の昆布を選定しております。

安心の無添加・食塩不使用
旨味・香りで赤ちゃんが喜ぶ

原料は「鹿児島県指宿産鰹荒節」と「北海道道南産昆布」のみで、製造過程を含めて化学調味料、食品添加物は一切使用していません。
また「調味料(アミノ酸等)」や「○○エキス」なども一切使用しておりませんので、素材そのままのお味に仕上がっております。
商品を開けた瞬間の”職人が一つ一つ丁寧に作り上げた″鰹荒節と昆布の香りをご家族皆さんでお楽しみください。


※より香りを長持ちさせたい方には、チャックが付いた袋タイプがオススメです♪
できるだけ空気を抜いてチャックを閉めていただくとより香りが長持ちします。
【オススメ】
イブシギンのしぜんだし 粉末60g
イブシギンのしぜんだし 粉末100g

食べやすさで赤ちゃんが喜ぶ

厳選した鰹荒節と昆布を”すべてそのまま″きめ細かい粉末にしています。
粉末のきめ細かさ(粒度)にもこだわり抜いており、赤ちゃんが食べやすく、水やお湯に馴染みやすく、炒め物などの料理に直接振りかけても絡みやすい粒度に開発しております。


※素材そのままをきめ細かくしており、顆粒だしのように乳糖や食塩で化合物にして造粒しておりませんので、汁物の底に粉末が沈殿して残る場合があります。
食べても問題ありませんが、小さなお子様や年配の方が飲むと咽る(むせる)場合がありますので、ご注意ください。
また大人の方でも入れすぎてしまうと咽てしまったり、粉っぽさが出てしまいますので、少量から少しずつ増やしていただき、お好みの量にご調整ください。
少量でも旨味と香りをお楽しみいただけます。

粉っぽさが気になる方や濃い出汁がお好みの方には、だしパックタイプがオススメです♪
【オススメ】
イブシギンのしぜんだし だしパック5ℊ×5P
イブシギンのしぜんだし だしパック5ℊ×15P

食塩無添加で赤ちゃんが喜ぶ

「イブシギンのしぜんだし」には一切食塩は添加しておりません。
商品に含まれている塩分は、海産物である鰹と昆布の素材そのものが持っている塩分です。

「イブシギンのしぜんだし」の塩分
小さじ1/4(約0.75)あたり
  ナトリウム:4.01咫/塩相当量:0.01g

赤ちゃんのナトリウムの食事摂取基準(食塩相当量)
0〜5ヶ月 100(0.3g)/日
6〜11ヶ月 600mg(1.5g)/日
※「日本人の食事摂取基準(2020年版)」厚生労働省

しぜんだしに含まれている塩分はごく少量ですので、小さなお子様から大人の方までご安心してご使用ください。

安心安全品質で赤ちゃんが喜ぶ

「イブシギンのしぜんだし」には、特定原材料7品目、特定原材料に準ずるもの21品目のアレルゲンを一切使用しておらず、また製造する工場もアレルゲンを持ち込まない管理体制を取っております。
アレルギーをお持ちの方やアレルギー検査を終えていないお子様にもご安心してご使用いただきます。

また衛生管理の国際的な手法であるHACCPを2019年3月に導入して認定を受けております。
製造LOTごとに微生物試験と官能検査を行っており、放射能検査も半年に一度行い乳児用規格適用食品の認定も取得しておりますので、小さなお子様から大人の方までご安心してご使用ください。

「イブシギンのしぜんだし」の原材料である鰹の調達から商品の出荷までの製造工程をグループで一貫して行っております。
すべての方に安心してご使用していただけるために今後も徹底した品質管理を行い品質維持に努めてまいります。
商品の品質に関して少しでもご不明な点、気になる点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

安全の証
HACCP認定を取得

HACCP認定を取得 安全な食品の製造出荷の工程によりHACCPの認定を取得しております。


イブシギンの自然だし
手軽に美味しく

■基本分量■だしの取り方■
・お鍋で
400mlの水に「しぜんだし」小さじ1/2(約1.5g)を入れ、中火で加熱して沸騰したら弱火で5分ほど煮出してお出汁が出来上がります。

・お湯で
200mlの熱湯に「しぜんだし」小さじ1/4(約0.75g)を入れてよくかき混ぜて7〜8分ほどするとお出汁が出来上がります。
きめ細かい粉末ですので、時間をおかなくても美味しく召し上がれます。

・レンジで
水400mlと「しぜんだし」小さじ1/2(約1.5g)を耐熱容器に入れ、電子レンジ600Wで2分間加熱してお出汁が出来上がります。


■離乳食レシピでの分量■
・10〜7倍粥
お粥小さじ1に「しぜんだし」ひとつまみ入れてよく混ぜる。

・5倍粥〜軟飯
お米を炊くときに水200mlに対して「しぜんだし」小さじ1/4(0.75g)を一緒に入れて炊く。
仕上げに「しぜんだし」ひとつまみまぶしてもOK。

・すりつぶし野菜
茹でた野菜小さじ1に対して「しぜんだし」ひとつまみ入れてよく混ぜる。

・茹で野菜
野菜を茹でるときに水200mlに対して「しぜんだし」小さじ1/4(0.75g)を一緒に入れて茹でる。
仕上げに「しぜんだし」ひとつまみまぶしてもOK。
 
・すりつぶし白身魚
下茹でした白身魚を裏ごししてお湯でとろみを調整しながら「しぜんだし」ひとつまみ入れてよく混ぜる。

・ほぐし白身魚
茹でた白身魚をほぐして「しぜんだし」小さじ1/4(0.75g)をまんべんなくまぶして軽く混ぜる。


その他、豆腐や納豆、イモ類、肉類、乾麺などさまざまな料理にもご使用いただけます。


■大人レシピ活用法■
「イブシギンのしぜんだし」は、大人の料理にもご活用いただけます。
しぜんだしの旨味と香りを楽しみたい方や塩分が気になる方にもオススメです。

普段、味付き・食塩入りのだしパックや顆粒だしをご使用の方には、風味をプラスする「追いしぜんだし」がオススメです。
普段のだしで料理をしてお召し上がりの前に「しぜんだし」を少量加えるだけで旨味と風味をお楽しみいただけます。


■各料理の分量■
・みそ汁
400mlの水に「しぜんだし」小さじ1/2(1.5g)

・お吸い物
400mlの水に「しぜんだし」小さじ1/2(1.5g)

・中華/洋風スープの隠し味
400mlの水に「しぜんだし」小さじ1/2(1.5)で具材を煮てから中華/洋風に味付け。

・うどん/そば
400mlの水に「しぜんだし」小さじ1/2(1.5g)

・パスタの隠し味
パスタを茹でるときに400mlの「しぜんだし」小さじ1/2(1.5g)

・カレーの隠し味
400mlの水に「しぜんだし」小さじ1/2(1.5g)で具材を煮てカレースパイスで味付け。

・混ぜご飯
1人前(150g)のご飯に「しぜんだし」小さじ1/4(0.75g)を振りかけてよく混ぜる。

・炊き込みご飯
米2合に対して「しぜんだし」小さじ1(3g)と適量の醤油・塩を入れて炊く。

・炒め物
2人前の炒め物に対して「しぜんだし」小さじ1(3g)

・煮物
400mlの水に「しぜんだし」小さじ1(3g)

・浅漬け
野菜の量に対して「しぜんだし」1〜2%
きゅうり1本に対して「しぜんだし」1/2(1.5g)と塩1〜2%

・だし巻き玉子
卵に「しぜんだし」を少量ずつ加えながら卵をかき混ぜてください。

・だし醤油
200mlの醤油に「しぜんだし」小さじ1/2(1.5g)を入れて一晩以上ねかせる。

上記の分量は、目安の分量です。
ご家族のお好みに合わせて分量はご調整ください。
多く入れすぎてしまうと咽る(むせる)原因になりますので、少量ずつ増やしてご調整ください。
濃いだしがお好みの方は、市販の「だし袋」にしぜんだしを入れてご使用ください。
また「イブシギンのしぜんだし」だしパックタイプもご用意しております。


みんなのアレンジレシピはこちら
Instagram @ibushigin_baby.mama


イブシギンのしぜんだし取り扱い店一覧

7商品